いつから白髪染めをしようか、悩む人も

いつから白髪染めしようか、悩む人も

肌と同じように、髪の状態や髪型って、見た目の若さを左右します。

日々、鏡を見ていても、ふと気づくと白髪が!って気がついた時のショックってありませんよね。

1本2本ならまだしも、意外とたくさんあるじゃない、なんて気がついた日には、ガッカリしてしまうものです。

 

白髪の生え始める年代は人それぞれ。一般的には、30代の後半から増え始めて、40代半ば頃になって白髪を染めはじめたという人が多いようですね。

 

もっとも、白髪がほとんどという状態になっても染めない人もいるし、チラホラ白髪でも絶対染める、という人もいます。

いつ白髪を染め始めるかは、自分がその気になった時に決めて良いのだと思います。

 

白髪が出る年齢には個人差がある

記事のイメージ画像

白髪が増える時期は、人によって違うため、何歳から白髪染めをする、という決まりはありません。

全然染めない人もいますもんね。

 

接客業などで、白髪まじりだと不潔に見えるから染めなくてはならない、という場合もあるみたいですけど、基本的には自分が気にならなければ、染めなくても構わないと思うんです。

 

あまり白髪の量も多くないのに、髪全体を薬剤で染めていては、健康な髪も疲れてしまいますし。

 

髪の分けめを変えたり、生え際だけを白髪隠しで着色すれば対処できる場合もあります。60代・70代になっても、それで済んでしまう人もいますから、やはり何歳から白髪を染めるべき、という指針はないと思います。

 

ただ、白髪の量が少なくても、自分が気になるなら染めるのをお勧めします。白髪が気になって、明るく振る舞えなかったりオシャレできなかったりするのは残念ですし、今は髪や地肌を傷めない白髪染めがたくさんありますからね。

 

年代でなく、白髪の量で判断

白髪の生え方も、人によって色々ですね。頭髪全体に散らばって生える人もいれば、一ヶ所に集中して生えてくる人もいます。

家族や兄弟姉妹でも傾向が違ったりして、本当に個人個人で違うので、どんな状態になったら白髪染めするべきなのか・・・と悩んでしまう人もいるとか。

 

白髪染めには染め始めるのにふさわしいタイミングというのはありません。自分が「隠したい」と感じたら染めればいいと思います。

平均的には40代といわれていますが、40代になったら白髪を染めなくてはならないわけでもありませんからね。

 

目安としては、白髪の量が頭髪全体の3割を超えたら、見た目年齢が10歳ほど上がってしまうそうなので、染めた方がいいのかなと思います。

染めるためのものは好みや都合で選んでいいと思いますが、できるだけ髪や地肌に刺激のない、優しい使い心地のものを選びたいですね。

頭皮がダメージを受けると、それが原因になって白髪が増えてしまうかもしれませんから。

染めたい時が染める時

白髪を染め始めるのは、自分が染めたいと感じたときです。早すぎるとか、逆に「もう○歳なのに染めていないのはおかしい」なんてことはありません。

白髪の量が少なくても気になるなら染めればいいし、多くても気にならないなら、染めなくてもいいんですよね。

 

白髪を染めると決めたら、できるだけ髪や地肌に負担がかからない方法を考えるといいと思います。

バッチリと染まる2剤式の白髪染めを使うなら、使う間隔には気をつけて。白髪が気になるからと、頻繁に染めていると傷んでしまいますからね。

トリートメントタイプやヘナなど、ダメージの少ない白髪染めもあるので、そういったもので染めておくといいと思います。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?