白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法

白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法

三十路を越え、数か月に1回美容院でカットされる場合でも、コスパの点から、白髪は家で染められる方が多くなっています。また、アレルギーなどがある場合でも、安全な毛染め商品を自分で選べるため、家で染めることに人気が集まっているのです。

家染めならコスパと肌荒れ対策を両立できる

パートで働いている場合はもとより、専業主婦の方でありましても、お子様のPTAや習い事など、人と会うことが多い生活なら、白髪は無視できない課題です。そして、コスパと肌荒れ対策を考えるなら、家で染めるのが魅力的です。今では植物由来の肌に優しい染料や、無添加で頭皮や髪に嬉しい商品も販売されています。頭皮ケア成分が入っている商品も見られるなど、肌荒れが気になる方にピッタリな商品が揃っています。一方、髪に皮脂が付いている状態では染まりにくくなりますので、白髪染めの前の日にシャンプーをしておきます。また、安全な商品でも、パッチテストは行っておきましょう。

頭頂部と生え際は最初に染めよう

額やコメカミの生え際は、白髪も目立ちやすい場所ですが、染まりにくい箇所でもあるため、頭頂部と共に最初に毛染め液を塗っておきましょう。塗布後はブラシで伸ばしたくなる感もありますが、シッカリ染めるためにも、直ぐに伸ばさない方が賢明です。塗りが少ない場合でも、染まり方は弱くなりますので、十分な量を塗りましょう。ブラシで染めにくい場合は、手袋をはめた指で直接塗ると上手く染められます。そのためにも、額やコメカミや耳元などには予めコールドクリームなどを塗っておくのが基本です。これを塗っておきますと、染料が肌に付いた場合でも皮膚を保護してくれますから、肌荒れ対策にもなるのです。

根本部分の白髪染めは髪を小分けにするのがコツ

髪の根本も、生え際と同様に染まりにくい部分です。髪の根本は塗り残す場合も多いため、できれば手袋をはめた指で、シッカリ塗布するのがコツです。耳元から頭頂部を経て、反対側の耳元まで、髪を何度か横分けにしていき、その都度、根本に塗ればキチンと染められます。後頭部も髪を数回小分けにして、根本部分を染めていきましょう。その後は全体的に毛染め液を塗布しますが、白髪の目立つ部分はタップリ塗るのがポイントです。そのことで塗り残しや染め残しなどを防げますので、ムラもなく、年齢に負けない美しい仕上がりを目指せます。

まとめ

肌荒れ対策とコスパを両立するなら、頭皮に優しい白髪染め商品を使って、家で染めるのが得策です。そして白髪染めを始める前に、コールドクリームを額などに塗っておき、肌を保護しておきましょう。また、生え際は染まりにくいため、頭頂部と共に最初に染めていきます。根本部分を染める際は、位置を少しずつズラしながら髪を小分けにしていき、その都度根本に塗りますと、根本部分もシッカリ染められます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?