気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は

気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は

年齢を重ねると、誰もが髪に出てくる白い毛は仕方ないとわかってはいるものの、やはり何とかしたいと考えるのが女心です。白髪染めの方法としては、美容院にいくか、自分でやるかのどちらかの選択になってくると思われます。

いつ頃からかは人によって異なる

年齢を重ねるとともに、気になってくるのが髪に見つかるちらほらとした白いもの、そう白髪です。白髪のでき方は人によって異なり、生え際が白くなるタイプとちらほら混じるタイプです。生え際が白くなる人は、どうしても黒い髪との境目が目立ってしまうので、染めるタイミングも早くなってしまいます。ちらほら混じるタイプの人も、目立ち始める年齢のタイミングには差がありますので、具体的に何歳ごろから白髪染めを始めるかというのは難しく、あくまでも自分でそろそろかなと感じた時ということになるでしょう。気になって仕方ないという年齢が、始めるタイミングだといえます。

気になるのは成分によるアレルギー

髪というのはひと月当たりにだいたい1cmほど伸びると言われていますが、白髪になって1cmというと、生え際全体が白くなっていくタイプの人は、見た目にもはっきりと二色になっているのが分かる長さです。そのため、毎月定期的に染めないといけないということになりますが、美容院に毎月行くにはコスパが気になるところです。さらに、ジアミンという科学的な成分によって染めるため、頭皮に与える刺激その他の影響も気になります。また、ジアミンにアレルギー反応を起こす人は多いことから、自宅で自分で染める際には、事前のパッチテストが欠かせません。

最終的な選択の決め手となるのは

美容院で染めてもらえば、ジアミンにアレルギー反応を起こす人でも大丈夫かというと、そうともいえません。ただ、自分でやるよりもプロにやってもらう方が安心という面はありますので、相談してみるのがいいでしょう。とはいうものの、美容院で毎月となると費用が気になりますので、ジアミンなどのアレルギーを引き起こす物質を使わないトリートメントタイプを選ぶという選択肢もあります。トリートメントタイプでもアレルギー反応が全くでないというわけではありませんが、大丈夫であれば毎月美容院に行って染めてもらうよりも、コストパフォーマンスはよくなります。

まとめ

気になる白髪が生え際に出てくるという人は、定期的な白髪染めが必要です。美容院ならやってもらえて簡単ですが、コスパとアレルギー反応次第では自分で染めるという選択肢もありますので、いろいろ検討するのがいいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?