白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法

白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法

白髪染めをすると白髪もきれいな黒髪に戻すことができますが、染料の色選びを間違ってしまうと黒くなりすぎたなどかえって不自然な仕上がりとなってしまうこともあります。黒くなりすぎた場合はどうすれば明るい色になるのか対処方法も知っておきたいところです。

ヘアカラーやブリーチの利用は慎重に

白髪が目立ってきた場合はヘアカラーで染めれば目立たなくすることができ、見た目の若々しさを取り戻すことができます。とはいえ、髪を染めることでかえって不自然な仕上がりになってしまう場合もあるので注意が必要です。染料にも色々な種類がありますが、濃い色を選んでしまった場合、黒くなりすぎたという経験を持つ人もあるのではないでしょうか。髪は黒くなりすぎても不自然に仕上がってしまうこともあり、そんな場合は対処方法も知っておきたいところです。黒髪用の明るい染料でさらに染めると良いのではというイメージもありますが、黒く染めたあとで明るい色を入れても明るくするのは難しいものもあります。ブリーチも下手に使うとムラになってしまうので、勝手な判断で行うのは避けた方が無難です。

美容室の施術で明るくしてもらう

どうしてもすぐに明るい髪を取り戻したいというのであれば【美容室に相談してみることがおすすめです。勝手な判断で市販の染料を使ったり、色を抜こうとするとムラができたり、髪を傷めてしまう心配もありますが、美容室では酸性脱染剤が用意されていますので、ブリーチとは違い、白髪染めで入れた黒い色を抜くことができます。プロに依頼することができるので髪を傷める心配もなく、色を抜けるので安心です。そして、理想の色に染めるには、色を抜いたあとに、さらに染め直す必要もありますので、髪にもダメージはかかることは理解しておきましょう。

自然に染料の色が抜けるのを待つ

髪を傷めず、明るい髪色に戻すのであれば、自然に染料が抜けるのを待つという方法もあります。染料は少しずつ落ちていきますので、洗髪を繰り返しているうちにあまり黒さが気にならなくなっていきます。色が抜けるにはそれなりに時間がかかりますが、一番髪を傷めない方法と言えるでしょう。そして、髪が黒くなりすぎた場合は髪が重く見えてしまいますので、髪型で工夫して重さを感じさせないようにすることもおすすめです。長い髪の場合はまとめたほうがすっきり見えますし、ヘアアクセサリーなどで工夫しても髪に明るさや華やかさをプラスすることもできます。

まとめ

白髪染めが手軽に白髪を黒髪に戻すことができて便利ですが、カラー選びを間違ってしまうと黒くなりすぎて不自然に仕上がることもあります。対処方法は色が抜けるのを待つという方法もありますし、早く色を抜きたい場合は美容室の施術も有効です。勝手な判断で明るい色に染め直したり、ブリーチを行うことは髪の傷みにもつながりますので避けたほうが無難です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?