肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める

肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める

人と会う機会が多く、白髪はきちんと染めたいけれども、ツンとした臭いが苦手な方、アレルギーを持った方、刺激に弱い方には、無添加で低刺激の白髪染がおすすめです。臭いの刺激や頭皮へのダメージ、かぶれの心配がなく、安心して染めることができます。

無添加の白髪染めを選ぶポイントは、天然の成分

記事のイメージ画像

白髪染めの臭いで気分が悪くなってしまったり、頭皮についてヒリヒリとした刺激を感じたり、かぶれを一度でも起こしたりしたことがあって心配な方は、一般的な市販の白髪染めのどんな成分が原因なのかを把握する必要があります。刺激は強く感じない人もいれば、感じる人もいます。一般的に刺激のあるといわれる成分は鉱物油、ジアミン系色素、パラベン、酸化剤などです。刺激が嫌な人や化学物質にアレルギーがある方は、これらの化学的な成分が含まれていない無添加のものを探してみることをおすすめします。無添加の白髪染めを探してみると、様々な種類のものがありますが、海藻や植物の天然の成分のものがお薦めです。

無添加の白髪染めの成分は安心の天然成分

無添加の白髪染めの成分には、海藻の成分や、クチナシ、ウコン、藍、紅花といった、植物性の原料が使われています。これらの原料は天然のものなので、万が一頭皮や手肌についてしまっても低刺激で安心ですし、お風呂場で簡単に染められるのが嬉しいです。臭いもツンとしたりお風呂の中に広がって気分が悪くなってしまうような事もありません。特に海藻の成分は、髪と頭皮の潤いを守ってくれる働きがあります。そのため、染めた後の髪が痛んだ感じや、キシキシとした櫛の通りが悪いといったこがなくなり、櫛通りも滑らかとなり、髪の健康を保つ上でもいい成分であるといえます。

頭皮と髪の為にも無添加の天然成分の白髪染めが理想

毎日忙しく、人と会う機会の多い方には、毎日の入浴中にサッと手軽に、ストレスなく染められる無添加の白髪染めが理想です。化学物質を使っていない天然成分の無添加の白髪染めなら、シャンプーの後に自分で鏡を見ながら塗り、入浴中の10分位の間を利用して放置しておけば、あとはお風呂から上がって洗い流すだけなので、時短にも経済的にも、健康的にも嬉しいといえます。天然成分なので、頭皮や指についたとしても、ひどいかぶれにはならないという安心感と、ツンとした臭いの心配がないので、お風呂の中で、とても気軽にそめることができます。習い事やPTAの会合など、人と会う機会も多く、髪を毎日手軽に美しく保ちたいという方には、特におすすめです。

まとめ

無添加の白髪染めは、成分を調べて選ぶことをおすすめしますが、植物性や海藻の成分のものが低刺激で理想的といえます。お風呂の時間を利用して、臭いやかぶれの心配のストレスがなく気軽にさっと染める事ができます。人と会う機会の多い方や毎日忙しい方で、髪を毎日美しく保ちたい方にはおすすめです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?