白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?

白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?

白髪染めをしたけれども思うように染まらない時があります。塗り方が悪かったのか、それとも放置時間が悪かったのかが疑問になるところです。では、放置時間が長ければ長いほど思うように染まってくれるのでしょうか。

長ければ長いほど染まるけれどもデメリットがいっぱい

放置時間が短いと、十分に染まってくれませんので、ある程度の時間放置をしておかなければいけません。しかし、長ければ長いほど染まるわけではなく、デメリットばかりになります。長く放置することで染まる可能性は高まります。ただ、長すぎてしまうとその分髪の毛が痛みますし、においが染み付いてしまいます。嫌なデメリットばかりが全面的にでてきてしまうため、満足できる染め方とはいえません。白髪染めの商品で書かれている放置時間では短い場合もありますが、しかし長く放置することはおすすめできません。長時間放置したいなら、ある程度のリスクを覚悟の上で行いましょう。

放置時間をコントロールして染めよう

商品に記載されている時間で放置すると、染まりにくい部分は不十分になることがあります。そのため長めに放置することが必要となります。ただ、長く放置すればするほどリスクが高まりますので、放置時間をコントロールすることが大事です。なかなか染まらないと感じている人なら、5分ほど長くすることがおすすめです。染まりにくい人や部分でも、5分程度放置を増やすだけでも染まる可能性は高いです。リスクを小さくしながらしっかりと染めるためには、記載されている時間よりも多少長くするを意識してみましょう。時間を見ながら自分にとってどのくらいの放置が染まるのかを試していくこともおすすめです。

白髪染めの商品を変えることも大事

なかなか染まらないなら放置時間を伸ばすのも効果的ですが、もう一つ効果的なのが商品を変えることです。商品によってどのような薬品が使われているのかが違い、その人によって染まりにくい場合があります。染まりにくい商品を使い続けるためにも放置時間を伸ばすのは、髪の毛にとって良くありません。記載されている時間では染まりが悪いと感じているのなら、商品を変えてみてください。比較的染まりやすい商品を見つけてから、放置時間をコントロールする方法がリスクを減らすことができておすすめです。ただし、染まっても肌に与える影響が強い場合もありますので、安全面も考慮して選ぶようにしましょう。

まとめ

白髪染めは放置時間を長くすればするほど染まる可能性は高まります。しかし髪の毛が痛み、においも染み付いてしまうのでおすすめできる方法ではありません。染まらない場合は、商品を染まりやすいものに変えて、それから放置する時間をコントロールしましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?