セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方

セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方

髪をしっかりと染めようとして集中するあまり地肌や手が汚れたり、壁や浴槽についてしまったりといった経験を持つ人は多いはずです。白髪染めは髪が染まってこそのもので、他のところを染てもただ汚いだけでなんの値打ちもありません。部分部分に適した方法で上手に落としましょう

手や頭皮についた場合の落とし方

手についた時はなるべく早く除光液で落とします。あらかじめティッシュやコットンにしみ込ませて手元に置いておくと気付いた時にすぐ使えて便利です。軽石やボディータオルの固めの物を使ってごしごしと洗い落とすといった方法もあります。少々強引な落とし方になるので、肌を傷つけないように優しくこすってください。どこの家庭にもある歯磨き剤やクレンザーなど研磨剤を含んだものを少しつけると一層落としやすくなります。頭皮についてしまった場合ならメイク落としを使っての落とし方が最適です。顔に使えるものなので頭皮にも心配なく使え、アレルギーなどがあっても安心です。メイク落としを手に取り、黒くなった部分を数分マッサージして浮き上がった汚れを浮き上がらせます。温めたタオルなどで頭皮を包むと黒ずみが落としやすくなります。

浴槽や壁にまでついてしまった時にも落とし方はある

お宅の浴槽や壁はどんな素材でできていますか。システムバスによくつかわれている樹脂製のツルツルした材質のものやタイルなら汚れの落とし方も比較的簡単です。汚してしまったとすぐにわかった時にはまず水で洗い流しましょう。石けんやお風呂用の洗剤を使うとなお落としやすくなります。少し時間がたって黒くなっているのを見つけた時にはメラニンスポンジの力を借りるとうまくいきます。ただしこする時にはあくまでも優しく丁寧にを心がけてください。塩素系漂白剤を使う時にはまず目立たないところで試してからにしましょう。きれいにしようと焦って、かえって醜いシミを残してしまうことにもなりかねません。

汚れを落とさなくても済む予防策

汚れの落とし方にはいろいろありますが、最善なのは汚れをつけない事です。床や壁が乾いていると汚れがつきやすいので白髪染めの前には濡らしておきましょう。これだけで万が一汚れが付いたとしても、被害は最小限に留められます。吸水性がある素材の壁や木の浴槽などの場合には、面倒でも新聞紙やラップなどを使ってガードしておくのが得策です。床にもポリ袋などを敷き詰めると完璧です。染料をつけたり洗い流したりするときも動作を小さくして、シャワーの水量も控えめにします。ある程度余分な染料が流れ落ちるまでは早く洗い流したい気持ちは我慢です。

まとめ

白髪染めは欠かせないけれど美容院で染めるのはコスパが悪いと考える庶民にとって、セルフでできるヘアカラーは家計の強い味方です。ちょっとした注意を守ることで、汚れをつけることなく染め上げることが可能です。それでもついてしまった汚れはなるだけ早い対処が大事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?