白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方

白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方

記事のイメージ画像

白髪は黒髪と比べるとパサパサしているように見えます。実際に白髪は黒髪に比べてメラニン色素がないため乾燥しやすく、水分が少ないです。またキューティクルが剥がれているため白髪はパサついています。白髪染めを利用していて髪がパサパサしてしまう原因は年齢に合った白髪染めを使っていないからです。

白髪染めが2種類使う理由は乾燥

白髪は黒髪に比べると髪がパサパサしてしまいます。原因のキーワードは水分とキューティクルそしてダメージです。白髪はメラニン色素が無いため乾燥しやすく黒髪よりも水分が少ないです。黒髪は水に馴染みやすく白髪は水を弾きやすいため白髪はパサパサしやすいです。キューティクルは髪を守るために必要です。髪の痛みはキューティクルが剥がれてしまって髪を守るものがなくなってしまって、すぐにダメージへと繋がります。紫外線を浴びた髪の内部は水分が蒸発しやすく、髪のタンパク質は出てしまうためさらに髪が痛んでしまいます。黒髪よりも白髪はキューティクルが剥がれてパサついてしまうため、白髪染めをするときには染料は1種類ではなく2種類使っています。

年齢とともに白髪染めを変えていく

白髪染めを使い続けていると、もともとの髪質から髪にクセが出ることがあります。若いときには髪のキューティクルがしっかりしているため自分は直毛と判断する人が多いですが年齢とともにキューティクルが少なくなってきて直毛をキープできなくなります。髪の内部は繊細でキューティクルが守っていますが、剥がれてしまうと内部が影響を受けてしまいます。特に根本の白髪染めを毛先まで塗っている人は髪の毛が細くなってしまうため注意が必要です。ハリやコシはキューティクルの厚みと強さに影響を受けます。年齢とともにキューティクルが弱ってくるのに、強い白髪染めを使っていると髪へのダメージを受けることになります。若いころに普通に使っていた白髪染めでも、年齢とともに影響を受けやすい強い染料となってしまうため注意が必要です。

パサついた髪にツヤがある髪にする出し方

髪のツヤの出し方に必要なことはキューティクルがキレイに整っているかです。キューティクルはうろこ状になってますが、乱れると光の乱反射でもツヤっぽさがなくなってしまいます。痛んだ髪はキューティクルに隙間があるので水分が蒸発しやすく乾燥しているパサパサした髪になっています。髪には脂質も必要です。髪の脂質は少ないですが、髪が痛んでいるとキューティクルが開いてしまっていて流れてしまいます。髪の痛みを防いで水分を逃がさないようにするとツヤを出すことができます。美容院ではキューティクルをキレイに整えるためにイオンドライヤーやツヤ出しスプレーを使い、水分を保つために洗い流さないトリートメントを使っています。また脂質を補うために美容院では洗い流さないトリートメントやヘアオイルを利用しています。

まとめ

白髪は黒髪に比べると乾燥しているためパサパサしています。さらに白髪染めを使っていても、年齢にあったものを使っていないと髪にダメージを与えてしまい、結果染まっても髪がパサパサしてしまいます。パサツキを抑えてツヤの出し方には美容院で行っている方法を取り入れてみることがおすすめです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?