白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は

白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は

白髪が多いと老けて見えて、イヤですね。白髪は、染めてしまうのが一番ですが、全体を染めるほどの量ではない、という場合、困るものです。
だいたい、目立ちはじめの白髪って、チラホラとあちこちに出てきますよね。一ヶ所が真っ白になってしまうわけじゃなくて。
ちょっとしかない白髪のために、健康な黒い髪まで傷めてしまうのは考えもの。どうにかならないか、と考える人も多いと思います。

 

髪全体に色がつくトリートメントを使ってみる

白髪染めというと、髪全体を1剤で脱色し、2剤で好きな色に染める、という2剤式のものが一般的です。
ドラッグストアなどで手軽に安く買えるし、好きな色に染められるのですが、髪が傷んでしまうというデメリットはあります。
白髪の量がまだ少ないなら、そこまでしなくても・・・と思ってしまいますね。
まだちょっとしか白髪がないなら、カラートリートメントを使っておくのもいいと思います。
普通のトリートメントと同じく、シャンプー後に使っておくとほんのり色づくので、白髪を目立たなくさせることができます。
白髪染めトリートメントは、白髪の量が多くても使えます。髪も地肌も傷めないので、最初からこのタイプを使っておくと、髪の傷みに悩まなくて済むかもしれませんね。

 

気になるところだけ色をつけておく

白髪を染めるのではなく、一部分だけ色をつけられるものもあります。一般的に白髪隠しと呼ばれるものです。
白髪隠しにはマスカラタイプ、筆タイプ、マーカータイプ、パウダータイプとさまざまな形のものがあります。白髪が目立つのが頭頂部なのか、生え際なのか、部位によって便利な形状は違います。
応用が利くのは、ブラシが付属したクリームファンデーションタイプかなと思います。化粧品メーカーのDHCから発売されていますが、安くて便利です。
白髪隠しの中には、使い続けていると白髪に色がついていくものもあります。白髪の量が本当に少なく、一部分だけなら、そういうタイプのものを使っておいてもいいと思います。

 

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?