におわない白髪染めはどんな商品?

におわない白髪染めはどんな商品?

白髪が目立ってきてしまったら白髪染めをして隠すようにしますね。染めれば隠せるから良いけれども、問題は、自分で染める時に使う白髪染めはにおいがきつい点です。そこで知りたいのがにおわない白髪染めはどれなのかです。ではどのような商品がにおわないようになっているのでしょうか。

ほとんどの商品が独特なにおいを持っている

無香料のヘアカラーや白髪染めならにおわないと感じてしまいますが、実はカラー独特のにおいはあります。なぜにおいがあるのかというと、それは薬品を多く使用しているからです。ヘアカラーや白髪染めは、第一に考えられているのが染めることです。そのため、しっかり染まるようにするため薬品を多く使っています。無香料でも使われている薬品のにおいが発生してしまいます。無香料=においがしないわけではありませんのでその点を理解しておいてください。ただ、におわない商品が一切ないわけではなく、自然なにおいで染めることも可能です。

シャンプーやトリートメント系の白髪染めがおすすめ

ヘアカラー独特のにおいが嫌だと考えているのなら、シャンプーやトリートメントで染める方法がおすすめです。シャンプーやトリートメントで染める商品があるのですが、ヘアカラーみたいに独特なにおいはしません。なぜ独特なにおいがしないのかですが、それは自然にある植物などで染めているからです。独特なにおいを発生させている原因が、染めるために使用している薬品です。薬品を使うことをしていなければ独特なにおいがしなくなります。髪の毛を洗って染める方法は染め方が異なっていて染めるための薬品を使っていないため、においが抑えられています。

においを選ぶのかそれとも染まり方を選ぶのかが重要

洗って染める方法はにおいがきつくなくておすすめですが、欠点もあります。自然な力を使って染めているため、ヘアカラー系に比べて染まる力が弱く、毎日染める必要があります。それに比べてヘカカラー系は染まる力が強く、一度染めると毎日ケアして染める必要はありません。染まり方が異なるため、不満を感じてしまう人もいらっしゃいます。においを選ぶのかそれとも染まり方を選ぶのかを選ばないと購入をして後悔してしまう可能性があります。メリットだけを見るのではなくデメリットも見てどの方法で染めるのかを決めるようにしてください。

まとめ

白髪染めは、におわない商品もありますが、染まる力が弱いという欠点があります。においがしないほうが良いと考えているのなら、洗って染める商品を選ぶのが良いですが、もし1週間以上染めることが難しとしているのならにおいを我慢してヘアカラー系がおすすめです。その人によって良い商品は違います。自分は何を求めているのかで選ぶようにしましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?