自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台

自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台

美容院だけでなく、白髪染めは市販で手軽に自分で染めることができるタイプが数多く販売されるようになり、自宅でも染めることができるようになりました。ところが自宅でどの場所で染めてるかが問題になっています。最後に髪を洗うからとお風呂場を選んだり、鏡を見ながら染めたいからと洗面台でも染める人が多いです。ただし心配な点は染料が付くと汚れ落としが大変です

自宅で手軽に染めることができるようになった

白髪染めが美容院だけでなく、ドラッグストアで簡単に購入できるようになって自宅で染めることが出来るようになりました。最近では気になる白髪染めのニオイも軽減されたことからも自宅で染める人が増えてきました。市販の白髪染めには大きく分けてヘアラカーとヘアマニキュア、一時染め、そしてシャンプーの4種類に分けることができます。ヘアカラーは白髪染めの中でも一番有名で、クリームタイプや液体タイプ、泡タイプやジェルタイプなどいろいろ種類があります。ヘアマニキュアは一般的にはトリートメントタイプとクリームタイプ、泡タイプなどです。一時染めは髪の表面だけ一時的に染めてシャンプーで色を落とします。おもにスプレータイプやスティックタイプです。シャンプーは毎日髪を洗うときに使って徐々に白髪を染めていきます。

お風呂場で髪を染めたい場合には

白髪染めは簡単に購入できるようになり、手軽に染めることができるタイプが増えましたが、問題は自宅のどの場所で染めるかです。気をつけていても、壁や床に液などが飛び散ってしまいます。飛び散った液は後で落とそうとしても水で落とすことができず、洗剤でもなかなか落とすことができず、シミになってしまうこともあります。お風呂場で染めたい場合には床には開いたビニール袋を敷き、壁には新聞を張り付けます。出来る限りお風呂場を汚したくないという場合にはシャンプータイプやトリートメントタイプがおすすめです。髪が染まるシャンプーやトリートメントはお風呂場で飛び散ってもお湯で汚れを落とすことができます。

洗面台には材質を確認してから落としていく

記事のイメージ画像

洗面台の鏡を見ながら白髪染めをする人が多いですが、洗面台の鏡に染料が飛んでしまったり、洗面台そのものに付いてしまうことがあります。洗面台の材質はプラスチックやガラス、鏡、ホーロー、FPRが一般的に使われています。表面が硬くて水が浸透しない、ツルツルした素材が使われている洗面台の場合にはメラニンスポンジを使うと落とすことができます。ただし、鏡は曇り止めの加工や防湿加工がされているため加工が取れてしまうことがあるためメラミンスポンジを使うときには注意が必要です。凹凸がある洗面台は塩素系漂白剤を適量に薄めてコットンやキッチンタオルなどに含ませてから染料部分に貼りつけて、1時間経ったら洗い流します。

まとめ

手軽に自宅で白髪染めが出来るようになりましたが、自宅のどの場所で染めるかが問題です。部屋で染めると液だれから床や壁を汚してしまう心配があります。お風呂場で染めるときでも床や壁が染まらないように、ビニールや新聞紙を使います。また洗面台を汚してしまったときにはメラミンスポンジや塩素系漂白剤で落とすことができますが早急の対応することが汚れを落とすコツとなります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?