白髪の原因を知って、なるべく予防したい

白髪の原因を知って、なるべく予防したい

白髪が目立ってくると、見た目の印象が老けてみえてしまいます。なるべく予防したい人がほとんどです。精神的なストレスや栄養不足、冷え性や貧血、甲状腺疾患、胃腸疾患などの病気もあります。無理なダイエットは控えることも大事です。

よく解明されていない部分もあります

白髪が目立ってくると、見た目の印象が老けてみえるため、ほとんどの人が予防をしたいと考えています。30代半ばを過ぎると、少しずつ目立ってきますが、若い20代の人にも白髪が見られる場合があります。髪の毛を黒くする働きのあるメラニンが、何らかの原因で作られなくなり、増えてしまう場合があります。強い紫外線を浴びると、毛母細胞にダメージを受けやすくなり、白い毛が増えてしまう可能性があります。よく解明されていない部分もありますが、タンパク質やビタミン、ミネラル成分が不足したり、冷え性などの血流の悪さなどがあります。

病気が原因で白い毛が増えるケースもあります

女性は妊娠、出産を経験する人も多く、ホルモンバランスが崩れやすい傾向があります。自律神経の働きが乱れると、頭皮の血流が悪くなってしまい、薄毛や抜け毛の原因になったり、白い毛が増える可能性があります。過度なストレスを受けてしまうと、頭皮の血流が悪くなる原因になるので、入浴などで気分をリフレッシュすることも大事です。お風呂でゆっくりと体を温めると、血流を促進して、冷え性を緩和する働きがあります。胃腸の不調を感じている人は、甲状腺機能障害、貧血などの持病を持たれている人は、病気が原因で、急に増えるケースもあります。

普段から良質なタンパク質を補いましょう

女性は誰でも、スリムな体型を維持するために、ダイエットを実践していますが、無理な食事制限は、栄養不足の原因になり、髪の毛に栄養が行き届かず、白髪の要因になる場合もあります。髪の毛は、タンパク質で作られているので、脂身の少ない肉類や卵、大豆食品、青魚などをバランスよく食べることも大事です。偏食気味の人や、少食の人は、体に必要な栄養素が不足しがちなので、サプリメントなどで補うことも大事です。パーマやカラーリングを繰り返していると、髪の毛にダメージを受けやすいので、回数を減らすことも大事です。食生活や生活習慣も改善する努力が必要です。

まとめ

白髪は見た目が老けてみえるなどの、デメリットがあるので、なるべく予防したい人がほとんどです。予防するためには、強い紫外線を浴びないようにしたり、栄養バランスの良い食事を心掛けたり、過度なストレスを溜めないことも大事です。黒い毛は、メラニンで作られていますが、何らかの原因で作られなくなる場合があります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?