白髪は明るい色には染まらないの?

白髪は明るい色には染まらないの?

若いときは、髪の色をどんな色にしても良かったのに、白髪を染めるとなったら真っ黒にするしかなくてつまらない・・・なんて話を聞くことがあります。

職業によっては、若くても髪を好きな色には出来ない、ってこともありますよね。

でも確かに、これまでミルクティーみたいな色にしてたのに、急に真っ黒にするのは味気ないと感じるのもムリはありません。

白髪染めでも、明るい色で染めておくことはできるんでしょうか。

 

白髪の量にもよるけど、明るくもできる

記事のイメージ画像

白髪染めとおしゃれ染めは、使う薬剤が違うのかというと、実は同じなのです。

白髪染めでも、明るい茶髪に染まるものもありますし、おしゃれ染めでも、漆黒の闇のような黒髪に染まるものもあります。

特に、白髪の量が少ない、生え始めのときには、ミルクティーのようなとびきり明るい色に染めておくこともできます。

その場合は、白髪染めではなく、染めたい色になるおしゃれ染めを選べば良いのです。

ただ、白髪にはそもそも、色が入りにくいもの。かすかに色がついている、くらいの色を入れるのは難しいので、白髪にうっすら色が入るくらいだと、明るい場所ではまるっきり白髪に見える可能性の方が高いでしょう。

また、明るい色にするということは、健康な黒い髪を強く脱色するということです。そちらのダメージの方が、心配になりますね。

 

あまりに明るすぎる髪は、かえって老ける

おしゃれ染めも白髪染めも同じ薬剤なのですから、黒髪も明るく染まる白髪染めを使えば、白髪だって明るい茶髪や金髪のように染まります。

でも注意したいのは、自分の肌の印象と、明るい髪色がなじむかどうか。

髪の色だけが明るくて、かえって老けて見えている人を見たことはありませんか。あまりに色を抜きすぎて、水分も油分もなくした髪は決して美しくありません。

年代から大きく外れてしまわず、似合う髪色にするには、一番いいのは美容院などでプロの意見を聞くことです。

たまに、明るい色味にしたいからと、おしゃれ染めと白髪染めを混ぜて使う、なんて人の話を聞くことがありますが、染料は薬剤なので、素人考えで混ぜたりするのは危険です。

自分に合う、できるだけ明るい色はどのくらいのものか、美容師さんに相談するといいと思います。

 

逆に、真っ黒にしちゃうと後で困ることも

美容院で白髪染めをするとき、初めてだと明るめの色を勧められることがあります。

これは、一度染料で暗くしてしまうと、ブリーチしても明るい色に戻りにくいからです。

髪の色を抜く薬剤は、染料で色づいた髪は脱色できなかったりします。構造が違うので、当然ですね。

なので、白髪もあるけど明るい髪色にしたい、という場合は、考えているよりもちょっと明るい髪色で試してみて、少しずつ好きな色味をさぐる感じにすることが多いようです。

今はおしゃれな人が増えていますから、白髪染めの色味も明るいものや赤いものが増えています。

市販の白髪染めを使って、自分で染める場合でも、希望の色よりちょっと明るめな色を選んでおいたほうが、後から修正が利いて良いのではないでしょうか。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?