白髪染めを自宅で簡単に行う方法

白髪染めを自宅で簡単に行う方法

白髪が目立ってくると外見にも老けて見られる傾向にありますが、きれいに染めることで若々しい髪を取り戻すことができます。染めるのには手間と時間も必要ですが、最近はより手軽に髪を染められる商品も登場しています。

美容室や理容室で丁寧に染めてもらう

髪は一度白くなると、もとの黒い髪に戻すことは困難ですが、そんな場合もヘアカラーをすればきれいにカバーでき、若々しいきれいな髪色を取り戻すことができます。白髪染めにも様々な種類がありますが、細かな部分まで丁寧にムラなく染めてもらうのであれば、美容室や理容室でのプロの施術を利用することがあげられます。この場合は本人は何もする必要はなく、施術は美容師、理容師が行ってくれます。髪を染めることはもちろん、その後のシャンプーやヘアセットまですべて任せることができますが、時間もかかりますし、費用が多くかかるという欠点もあります。

自宅で手軽に染める方法を知ろう

より費用を抑えたい、美容室に通わず簡単に白髪染めをしたいというのであれば、市販のヘアカラーを使って自宅で染めるという方法があります。自宅で髪を染めるとなると1液と2液を混ぜ合わせたり、顔や手に染料が付かない工夫をする、洋服を汚さないようにケープをつけるなど面倒なイメージもありますが、最近はより手軽に染められる商品も登場しています。1液と2液を混ぜることなく使えるヘアカラーはより用意も簡単となりますし、最近は泡タイプの商品やムースタイプの商品も登場しており、液ダレもしにくく、根元からしっかりと染めることもできます。一時的に白髪を目立たなくするのであれば、スプレータイプの染料も簡単に白髪を目立たなくすることができます。

毎日の洗髪時間を利用して染める

まだあまり白髪が多くないのであれば、毎日の洗髪時間を利用して染めることもおすすめです。最近はシャンプーやトリートメントタイプの染料も人気となっており、いつものように洗髪したり、トリートメントする感覚で髪を染めていくことができます。これなら素手で使うことができますので、ケープや手袋を用意する手間もなくより簡単に髪を染めることができます。一度でしっかり染まるのではありませんが、繰り返し使うことで白髪が目立たなくなっていきます。髪が傷みにくいのも特徴的で、髪を染めながらトリートメント効果が得られるのもメリットです。

まとめ

白髪が目立ってくるとヘアカラーでカバーすることが多いですが、髪を染めるのは手間だと感じている人も多いのではないでしょうか。最近はより簡単に髪が染められる白髪染め商品も登場していますので上手に活用していきましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?