自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ

自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ

女性も30代以降になりますと、白髪染めも大切な身だしなみになってきます。美容院で手軽に染められますが、それなりの費用が掛かりますので、コストパフォーマンスを重視するなら、自宅で染めるのが一番です。そこで、白髪染めのコツなどをご案内していきます。

女性の髪に優しい白髪染め商品を使おう

外に出て人と会う機会が多い場合は、白髪がありますと、どうしても人の視線が気になってしまいます。白髪があることで老けて見えるほか、頭頂部が白い場合は薄毛と誤認されることもありますから、できれば染めておきたいところです。その際、コストパフォーマンスを考えるなら、自宅で白髪染めをした方が断然お得です。そのため初めての場合でも、先ずはチャレンジしてみると良いでしょう。とは言え、髪を傷めては本末転倒ですので、美容成分などの入った無添加の製品を使うのがおすすめです。特に肌荒れなどを考慮する場合は、配合成分に着目するのがコツです。

白髪染めを行う時は事前準備が大事

もしも敏感肌の場合なら無添加の製品が良く、さらに潤い成分など、天然由来の美容成分が配合されていれば、ツヤとハリもある美しい仕上がりを目指せます。そして、染める前に製品の案内に従ってパッチテストを行い、異常がないことを確認してから白髪染めを行うのがコツです。白髪染めの準備では、ケープや手袋を装着して汚れないようにしますが、額や耳元など、肌が誤って染まらないよう、化粧品の油性クリームを塗っておくのもコツです。そのことで、万が一肌に薬剤が付きましても、落としやすくなります。一方、髪が皮脂で汚れている場合や、整髪剤が付いている場合は染まりにくいため、前日までにシャンプーを済ませておきましょう。

白髪を自分で染める時のポイント

白髪染めは、生え際やもみあげなど、比較的染まりにくい所から染めるのがコツです。そして気になる部分には、たっぷりと置くように塗っていきます。分量が少ない場合では染め残しなどが生じて、ムラになる場合があります。そのほか、根元をキチンと染める必要があるため、根元の部分から染めていきましょう。ブラシで髪全体へ染料を伸ばしますと、一見綺麗に染まっているように見えますが、根元部分は薬剤が十分付いていないケースが多いため、数回ずつ髪をクシなどで分け、根元を的確に染めていくのがコツです。その後、仕上げとして全体に馴染ませるようにします。一般的に室温が低い場合は染まりも弱くなりますので、温かい部屋で染めるのもコツになります。

まとめ

コストパフォーマンスの観点から、敏感肌の方が自宅で白髪染めを行う時は、女性の髪に優しい無添加の商品や、天然由来の美容成分が配合されている製品を選びましょう。そしてパッチテストを必ず行い、安全を確かめてから染めます。実際に白髪染めを行う時は、生え際やもみあげなどの染まりにくい所から塗り始め、根元をキチンと染めるのがポイントです。また、気になる部分には置くようにたっぷり塗るのがコツになります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?