髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ

髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ

市販の白髪染めでは、髪や地肌が傷んでしまうと感じている方には、髪が傷まない天然成分のものがおすすめです。通販などで買えるものを探すポイントとしては、植物性や海藻の成分で、手や地肌についても傷まない成分のものがおすすめです。

傷まない白髪染めの成分を確かめよう

記事のイメージ画像

市販の白髪染めで染めると、色は染まったのはいいけれども、髪が細くなったり、パサパサになったり、地肌がヒリヒリと傷んでしまうと感じている方は多いのではないでしょうか。少なくても月に一度は染めなくてはならないとなると、何も対策をしないでいると、髪や地肌はどんどん傷んでいくばかりです。かぶれの原因はジアミン系の染料です。臭いも鼻にツンときて嫌だと思う方が多いです。敏感な方は臭いで気分が悪くなる方もいます。あの市販の白髪染めのツンとする臭いの成分は過酸化水素水と酸化染毛剤、アンモニアです。このような化学物質を使ったものではなく、天然成分の白髪染めを探してみましょう。ハーブ系のものや、海藻系のもの、複数の植物成分が配合されたものなどがあります。天然の植物系の成分を確かめてから購入しましょう。

安心して使える天然成分の白髪染めで、髪はツヤツヤに

天然成分の白髪染めは、シャンプー後のトリートメントタイプのものが多く、ヘアマニキュアのようなタイプなので、お風呂の時に染めることができます。頭皮についてもヒリヒリしないですし、何といっても髪にツヤとコシと潤いがよみがえり、髪がパサパサになったり細くなったりすることはありません。お風呂の時に、手についても天然の成分のものは肌が傷まないので安心です。ジアミン系の染剤のように、ちゃんと染まらないのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、タイプによって徐々に染まるものや、一回でしっかりと染まるタイプのものがあります。

抜け毛や地肌の痛みから解放された染め方を見つけよう

市販の白髪染めで、ジアミンアレルギーになってしまったり、頭皮がヒリヒリしたり、染めた後の抜け毛がひどいといった経験をされた方で、天然系のものにかえたいけれども、天然系のものは染まりにくいのではとご心配の方には、海藻系の天然成分が使われているものがおすすめです。ちょっとだけ海藻のような香りはするのですが、ツンとしたつらくなるような臭いはなく、ドロッとした染め剤は、手についてもかぶれない天然成分なので、シャンプーの後たっぷりと頭皮につくのを心配することなく塗布できます。お風呂にはいっている間、個人差はありますが、15分位おくだけでも、天然成分でも驚く程にしっかりと染まります。月に一度安い市販の染め剤を使ったり、高いお金をかけて美容院で染めるよりも、手軽に安全にストレスなく染めることができます。

まとめ

頭皮にたっぷりつけても傷まないような天然成分の白髪染めをお探しの方には、海藻系の材料を使われたものがおすすめです。しっかりと1回で早くそまるものが多いようです。様々な植物エキスが配合されたものもありますので、植物系の天然成分によって、健康な髪と地肌と色をキープすることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?