白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る

白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る

コストパフォーマンスを気にする人で、ジアミンにアレルギーがないのであれば、自宅での白髪染めがコスパでは最もいいと言えるでしょう。たくさんのカラーが出ていますので、あれこれ選んで違いを楽しみながらやるといいのではないでしょうか。

白髪を染める仕組みを知ればよくわかる

ドラッグストアにいくとたくさんのヘアカラーが並んでいて、どのカラーを選ぼうかで迷うことも多いのではないでしょうか。特に自宅で自分で染めるのが初めてという人や、これまで使っていた物とは違うヘアカラーを試そうという時には、仕上がりがどのような色具合になるのかが気になるところです。色見本が並べていますので、ある程度は違いが分かって参考にはなりますが、実際にやってみないことには本当のところはわからないともいえます。白髪染めはいったん色を抜いてから色を入れるという仕組みになっていますので、そのあたりを知って色選びをすることが重要になってきます。

自分の髪色よりも明るい色を選択するのがいい

いったん色を抜き、そして色を付けるという仕組みを理解したら、自分のもともとの色より明るめの色合いを選ぶ方がいいでしょう。黒髪の人が、自分は黒髪だからともっとも濃い黒を選ぶと、これまでよりもさらに黒い色になると考えられます。黒髪が好きという人なら問題ありませんが、白髪染めをする必要があるという時点で、髪全体の色が薄くなってきていることを考えると、これまでの自分の髪色からは、ちょっと明るいかなと思えるくらいを選んで正解と感じるでしょう。色の入れ替えが行われる仕組みであることを考えれば、これまでよりも明るい髪色を選び、イメージチェンジをするのもいいかもしれません。

色を変えて楽しむくらいの気持ちの余裕が必要

自宅で自分で染めるという選択をする時点で、毎月美容院に行って染めるのは経済的に難しいと感じている人が多いでしょう。あるいは、なかなか美容院に行く時間が取れないということも考えられます。最近の白髪染めは早く染まるタイプが出てきていますので、自宅でなら待つこと10分程度で白髪を染めることができ、時間の節約にもなります。自分で染めるのは確かに手間がかかりますが、ときどきカラーを変えて違いを楽しんでみると、面倒なだけだった白髪染めも仕上がりが楽しみになってくるかもしれません。そうなれば、いつもきれいな髪でいられます。

まとめ

さまざまなカラーの違いがある中から自分に選ぶ色を見つけ出すのは大変ですが、定期的に色を変えてみると気分も一新されて、新しい自分に出会えたような気になるでしょう。コスト面から自宅で染めることを選択するなら、自分で自由に選ぶ楽しみを作ることも大事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
安全性の高い白髪染めはあるの?
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?