安全性の高い白髪染めはあるの?

安全性の高い白髪染めはあるの?

白髪染めを使うことで頭皮に炎症を起こしてしまったり、おでこや首などが肌荒れするなどトラブルがあります。肌が弱い人にとって、肌トラブルが起こりにくい安全性が高い商品を求める必要があります。ではどのような商品が安全性が高いのでしょうか。

ヘアカラータイプは安全性が低め

記事のイメージ画像

白髪染めで選ばれているのが、塗って染めるヘアカラータイプです。長持ちしてしかも比較的安く商品購入ができるため人気がある方法ですが、ただ、安全性は低めです。塗って染める方法は、長持ちさせるためにも薬品を使っている商品がほとんどです。安全性がある薬品を使っていますが、どうしても肌に与えてしまうダメージが大きいため、安全と言いきれません。メリットが多いけれどもその分デメリットも多くなっているのがヘアカラータイプの特徴です。安全面を考慮して購入するのなら、ヘアカラータイプ以外にすることがおすすめです。ただし、ヘアカラータイプでも注意点を守ることで安全に使用することができるので、その点も理解しておきましょう。

白髪染めシャンプーは安全性が高い

注目されつつある白髪染めの商品の一つに、シャンプータイプがあります。このシャンプータイプは、ヘアカラータイプに比べて安全性が高いです。シャンプータイプは、薬品を使用して染めているのではなくて、植物の力を使い染めています。天然の力だけなので肌に与えるダメージが少ないですし、髪の毛に与えるダメージも少ないです。髪の毛のダメージも抑えたい人にとっておすすめできる商品ですが、ただデメリットもあります。商品が比較的高く、さらに染まりにくい欠点を持っているため、思うように染まってくれない可能性があります。また、徐々に染まるタイプでもあるため、即効性が低く、すぐに染めたい人に合わない商品となります。メリットデメリットを把握してから選びましょう。

カラートリートメントも安全性が高い

安全性が高い商品の一つが、カラートリートメントです。白髪染めシャンプーのように自然な力を使って染めているのではないのですが、強い薬品を使っていないため安全性は高いです。一般的に使用しているトリートメントのように使うことができ、なおかつ染めることができるため、楽な染め方の一つです。ただ、染める力が弱いため、長期間使用しなくても良いわけではありません。さらに、シャンプーをするたびに色落ちをしてしまいますので、定期的に使用していくことが必要です。パッチテストする必要がなく使用することができる商品ですので、安全面を考えた場合選んでほしい商品です。

まとめ

安全面を考えて白髪染めを選ぶ場合は、シャンプーやトリートメント系がオススメです。ただし、染まりにくいそして持続性がないデメリットもありますので、その点を理解して選ぶようにしましょう。安全面を選ぶのか、それとも染まる力を選ぶのかをよく考えることが大事です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

いつから白髪染めをしようか、悩む人も
白髪は気になる、でもまだ染めたくない。そんな時は
白髪は明るい色には染まらないの?
白髪染めを自宅で簡単に行う方法
白髪染めはどれくらいの間隔で行うといいか
自宅で白髪染めを綺麗に行うコツ
髪や地肌が傷まないような白髪染めを探している方へ
白髪染めの仕上がりはカラーによって違いが出る
白髪染めで染まりにくい生え際と根本部分をシッカリ染める方法
白髪染めの種類はとても多く、頭皮にも優しく自然成分が豊富で使用しやすい商品が多い
気になる白髪染めをするタイミングとその年齢は
白髪染めを使って黒くなりすぎた場合の対処方法
肌が荒れない無添加で低刺激の白髪染めで、快適にサクッと染める
白髪染めの放置時間は長ければ長いほど染まる?
白髪染めを利用してうまく染める方法
セルフカラーの大敵、白髪染めで付いた汚れの落とし方
白髪染めで肌荒れしないための注意点とは?
白髪染めを使ってパサツキを抑えてツヤをプラスする出し方
におわない白髪染めはどんな商品?
頭皮にダメージを最小限に抑えた白髪染めを使いたい
自宅で白髪染めするときに使われることが多い場所はお風呂場や洗面台
白髪の原因を知って、なるべく予防したい
悩みの種の白髪で年齢不詳になっています
白髪を治したいけど治すことは可能なの?